機能性の高いベビーシューズを選ぶなら|素材やデザインに注目

子どものために

動画で編み方を紹介

ベビーシューズ

最近ではベビーシューズを自分で手編みをするママさんが増えてきています。
小さな赤ちゃんの足に合ったベビーシューズはとても小さいです。
その小さなシューズはとても可愛く、編んでいるときも楽しい時間を過ごすことができます。
このベビーシューズが人気となっている理由の一つが手軽さです。
毛糸、棒針、とじ針、ハサミなど、必要な道具は手軽に用意することができ、今まで編み物をしたことがない人でもすぐに始めることができます。
今まで編み物などをしたことがない人は本当に自分でも作れるのかと不安を感じることでしょう。
ネットでは編み方を丁寧に紹介している動画もあります。
また、ベビーシューズの手編みキットも販売されています。
数百円程度で購入でき、編み図つきなので安心です。
手作りのベビーシューズを作る必要があるのかと思う人もいるかもしれません。
毛糸で編んだルーム用のベビーシューズは、冬なら冷え防止にもなります。
また、靴を履かせるための準備にもなるようです。
靴を初めて履かせるときには嫌がる子もいます。
これは今まで靴を履くという習慣がなかったためです。
普段からルーム用のベビーシューズをはかせておくことで、スムーズに靴への移行も可能となります。
初めての赤ちゃんに使うものは、全てが小さく可愛らしさを感じます。
ベビーシューズも同じで、それを自分で作っているととても幸せ感を味わえることでしょう。
自分が考えたデザインのベビーシューズを作って楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

足に合わせて選ぶ

ママと赤ちゃん

歩くのに慣れてきた赤ちゃんに履かせるのがベビーシューズですが、選ぶ際にはファーストシューズとはまた違う点に気をつけながら選ぶ必要があります。
ベビーシューズは、もうペタペタ歩きで歩くことに慣れた赤ちゃんに履かせる靴であり、行動範囲も広がる3歳頃まで履く靴です。
赤ちゃんの足のサイズは、約12cmから約16cmほどの間で、ベビーシューズの各メーカーからは0.5cm刻みでサイズ展開されていることが多いです。
赤ちゃんに履かせるベビーシューズは、まず赤ちゃんの足のサイズを正確に知ることから始まります。
足の長さと共に甲が高いのか、足の幅が広いのか狭いのかなど、赤ちゃんの足の個性を正確に知ることが大切です。
ベビーシューズを購入するときは、赤ちゃんの足のサイズを測ってもらえるお店で購入するといいでしょう。
また、よくしがちなことにすぐ大きくなるからと大きめのベビーシューズを購入してしまうことです。
赤ちゃんは数ヶ月単位で足のサイズは変わりますし、すぐ大きくもなりますが、足の健康を害してしまう原因になりやすいので止めておきましょう。
赤ちゃんの足のサイズに合わせたベビーシューズを購入するコツは、ベビーシューズのかかと部分と赤ちゃんのかかとを合わせて足先5mmほどのゆとりのあるものを選ぶことです。
そして、赤ちゃんのかかとをしっかりホールドしてくれ、かつ靴のねじれがおこりにくいソールが使われているかどうかや赤ちゃんの歩く足裏の動きに合わせてソールが柔軟に曲がるかどうかも要チェックです。
かつ赤ちゃんが自分でベビーシューズを脱ぎ着できるように、1本ベルトが使われていたりオーブンベロ構造のシューズもおすすめです。

赤ちゃん用のシューズ

赤ん坊

そろそろ赤ちゃんに靴を履かせたい、そんなときに必要になるのがベビーシューズです。
ベビーシューズとは赤ちゃん専用に作られた靴のことで、特に赤ちゃん特有のペタペタ歩きをサポートするように作られているものが多いです。
また小さい子供は無茶な動きや運動をすることが多いので、けがや事故が起こりにくいようクッション性に優れた材質で作られています。
そんなベビーシューズも様々なメーカーや種類のものがあるので、選ぶ時も慎重に考える必要があります。
また大事な赤ちゃんに関することなので、できるだけいいものを選びたいものです。
一般的なベビーシューズの相場は約1000円から約3000円といったところで、サンダルタイプになると1000円を切るものも多いです。
赤ちゃんのことを考えると、値段だけではなく気に入ったデザインのものを買ってあげることも大切です。
特に赤ちゃんはキャラクターが描かれているものを好む傾向にあるので、そういったものも大きな選ぶ基準になります。
またシューズタイプのものは大手の靴のメーカーが赤ちゃん専用のものを販売していることもあるので、信頼できるメーカーならばそこから選ぶのもよいでしょう。
赤ちゃん用のシューズには足首までのミドルカットのものとくるぶしまでのローカットのものの二つがあり、どちらを選ぶか悩む親御さんも多いです。
そんな時は歩き方が不安定な場合はミドルカット、安定している場合はローカットのものを選びましょう。