機能性の高いベビーシューズを選ぶなら|素材やデザインに注目

ファッションと機能性

歩き始めに大切です

赤ちゃん

赤ちゃんが歩き始める1歳前後に合わせてベビーシューズを購入される方も多いです。
欧米では、室内でも靴を履く文化がありますので、新生児からベビーシューズのサイズがあります。
ほとんどはデザインを重視したかわいらしいものです。
日本ではつかまり立ちをする頃にベビーシューズの購入を考える方が多いですが、赤ちゃんも初めての靴であるベビーシューズに慣れる必要があります。
靴下と一体型になっていて室内ではけるベビーシューズも販売されていますし、外で履く前に家で練習すると安心です。
赤ちゃんの足のサイズを測り、できれば購入前に実際に赤ちゃんに履かせてみて、履き心地を確認することをお勧めします。
靴の脱ぎ履きは保護者が行うので、着脱がしやすく足を簡単になれるものだと使いやすいです。
最初のうちは、赤ちゃんの歩行の妨げとならないような機能性のある靴を選びましょう。
赤ちゃんの足は半年でサイズアウトしてしまう場合もあり、きつくないか、脱げてしまわないかなどのチェックをこまめに行うことがたいせつです。
足をしっかりサポートするベビーシューズを選ぶことで、活発に動き回る赤ちゃんの運動をサポートします。
ベビーシューズはファーストシューズと呼ばれる、赤ちゃんが1番最初に履く靴が基本です。
柔らかい素材でできているので、履きやすく、歩きやすいのが特徴です。
メーカーによって、サイズ感や機能性も異なりますので履き比べて比較検討してください。

贈り物に最適

ベビーシューズ

友人や知人などに赤ちゃんが生まれたら、出産祝いを贈りましょう。
ベビー服をはじめ、赤ちゃん関連のグッズはたくさんあります。
贈り物ということもあり、普段は購入できないような高級ブランドのものを贈るというのもいいかもしれません。
よく贈られるものの一つに、ベビーシューズがあります。
ベビーシューズはとても小さく、室内履きのような形をしているものがほとんどです。
ちょっとしたお出掛けの時に履けるように、オシャレなデザインが多くなっています。
そんなベビーシューズを贈るのなら、洋服とのコーディネートも考えて贈るようにしましょう。
例えば、その親御さんがボーイッシュな格好を好むのなら、当然、ベビーシューズもそのようなデザインのものにした方が無難です。
ベビー服と一緒にプレゼントする場合には、コーディネートしやすいように、洋服と同じブランドのものにしましょう。
そうすればバランスが良くなります。
実際に、洋服とセットでベビーシューズが入っていることもあります。
これなら、贈られた側としてもコーディネートに悩まずに済んでいいかもしれません。
また、赤ちゃんのうちしか履けないため、その点はよく考えましょう。
機能性も考えて購入することをお勧めします。
それから、赤ちゃんだからこそ、その時にしか履けないようなデザインを選びましょう。
大きくなると特に男の子の靴のデザインは限られてくるものです。
小さいうちなら鮮やかな色のものを手軽に履けるので、その点も考慮しましょう。

赤ちゃんのために選ぶ

手

赤ちゃんは大人と違って自分の意志を言葉にすることができません。
ベビーシューズを購入する際は、大人が考えておきたいことをチェックしておきましょう。
ベビーシューズは赤ちゃんの足のサイズを測った上で購入します。
この時長さだけでなく甲の高さなど総合的な測定をした方が、足にフィットするものが見つかります。
個人で測るのが難しい時は、専門店で測定してもらいましょう。
特に子供は発達途上の存在ですから、サイズが合わない靴を履き続けていると足に大きな負担を与えてしまいます。
また赤ちゃんの足は大人よりも柔らかいですから、硬い素材で作られたものは避けます。
歩き辛いベビーシューズを履かせてしまうと転倒の原因になるのです。
気をつけたいのは内側の素材です。
大人の手で触ってみてチクチクしていたり硬過ぎたりする場合、赤ちゃんにもストレスになりますから購入を避けましょう。
一度履かせてみて嫌がらないか確認が欠かせません。
特に歩き始めたばかりの赤ちゃんは、歩む際に力を必要とします。
爪先部分が反り返っている物の方が弾力がついて歩く際に楽ですから、こうしたベビーシューズを選びましょう。
積極的に赤ちゃんと外出したい時は、子ども自身の好みも考慮してベビーシューズを買いましょう。
ある程度好きなカラーやキャラクターが出てくる年齢になれば、お気に入りの靴を見つけられます。
また自分で履いたり脱いだりできるものを購入すれば自立して支度する勉強になるのです。